TOP >カテゴリ >湯シャンのやり方とコツ@自分流

スポンサード リンク

湯シャンのやり方とコツ@自分流

湯シャンのやり方をこれまで一年以上続けてきて
実践的なコツやノウハウをお教えしたいと思います。
自分流で偏見があるかもしれませんが
ひとつお付き合い下さい。


湯シャンの回数と頻度


抜け毛やハゲで悩む人間にとって
シャンプーをする回数や頻度はどれがベストなのか?
というのは永遠のテーマかと思います。
特に普通にシャンプー液を使って泡立てて洗うのは
皮脂成分が落ちて毛穴にはいいかもしれませんが
その洗浄成分が頭皮にダメージを与えているのでは?という
懸念がつきまといます。
そこでシャンプー(洗髪)を二日に一度にするなど
人それぞれオリジナルな方法をとったりします。


しかしこれが湯シャンならば
そうした「洗いすぎてしまう心配」がないので
当然ですが毎日やっちゃってます。
お湯だけですので洗い落とす力が低いので
痒みや髪の臭いやフケを予防するためにも
「湯シャンは毎日」をおすすめします。


湯シャンにプラスすること


これは完全に我流なんですが
どうしても湯シャンだけでは汚れが溜まっていきそうなので
週に一回だけはシャンプーを使用して頭を洗っています。


ちなみにその週一度のシャンプーで使うのは
できるだけ頭皮にダメージが少なそうな
牛乳石鹸から出ている無添加シャンプーです。
(薬局で詰め替えタイプで約500~600円ほど)


湯シャンのお湯の温度や洗い方


頭皮の皮脂を落としたいがために熱いお湯で
湯シャンをしようとされたい気持ちは分かりますが
脂は40度やまして50度にしたところで溶けるものではありません。
なので適温である給湯温度にしています(41度ほど)


洗い方のコツとしては頭皮を傷つけないように
爪を立てず指の腹で洗うようにすることは基本中の基本です。


シャンプーをつけないために洗い残しの心配が無いので
「洗い」と「すすぎ」が一度で済むために
洗髪時間が半分以下になりました。
水道代も節約できますしエコですね。

スポンサード リンク


育毛プロフィール

18歳で頭頂部のスケに気付く

そこから様々な育毛にはげみ
薄毛の進行を止めるため
試行錯誤する

現在はなんとか現状維持

(シャワーを浴びると
てっぺんを中心にして
スケ具合が気になる状態)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: